サービスインテグレーション事業

ワークスピード変革

業務アプリ
正式名称:kintone(キントーン)
kintone(キントーン)は、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できる、サイボウズ株式会社のWebデータベース型業務アプリ構築サービスです。
部署や部門ごとに乱立しがちなエクセルでの業務管理に限界を感じていませんか?
kintoneなら、エクセルデータを取り込んで業務アプリが直感的に作成でき、部署や部門間とのチーム内で共有して便利に使える様になります。
サンソウシステムズは、kintoneのプラットフォームを使った各種業務アプリの開発を承っています。
ココがスゴイ!
  • データベース
    エクセルの読み込みや、ドラッグ&ドロップだけで簡単にデータベース、アプリが作れます。クラウドサービスのため、デバイスを問わず、場所を問わずどこでも利用可能です。
  • プロセス
    複数人でデータ編集や確認をするためのワークフローが簡単に実現できます。部門やチーム間での連携がスムーズになり、業務スピードが向上します。
  • コミュニケーション
    これまでメールを何度も往復していた業務のやり取りが、kintone上で集約してコミュニケーション・連携・共有できるように改善されます。
ビジネスチャット
正式名称:direct (ダイレクト)
「ビジネスを10倍加速する!」チャットシステムの決定版。『direct』は、モバイル利用から発想されたコミュニケーションツールです。まずフィールドワーク(現場)の課題を解決し、コミュニケーションが活性化されることで、今まで実現できなかった、オフィスと現場のリアルタイムなコラボレーションを実現します。このため、組織全体の業務効率が見違えるほど向上します。
ココがスゴイ!
  • 現場の今、をリアルタイムに本社等オフィスと安全に共有します。
  • 使い方に合わせて、組織ごとにグループや連絡先を複数定義できます。
  • Chat Bot技術「daab」を使って、システムやAIと連携する事で、まったく新しい対話型のコラボレーションシステムとして、利用メリットが無限に広がります。
  • 豊富な管理者機能と、スマホ等の紛失盗難に備えた、万全なセキュリティ対策が標準装備。
Chat Bot Solution
正式名称:daab (direct agent assist bot)
ボットで変わる『direct』活用ソリューション、それがdaab (direct agent assist bot)です。daab(ダーブ)は、人と人を繋ぐメッセンジャー「direct」の発展として生まれた、人とシステムを繋げる新しい、チャット・ボット・ソリューションです。サンソウシステムズは、「daab ソリューション認定パートナー」に認定されており、お客様のご要望に合わせたCaht Botの開発を承っております。

※「daabソリューション認定パートナー」とは、daab SDKを使ったbotソリューションを、株式会社 L is B(ライセンサー)の代わりに開発・販売・企画を行う企業のことです。
ココがスゴイ!
Chat Botを活用した、ほんの一例をご紹介します。
  • PCであれこれ開いて確認する業務は、ボットと対話するだけで情報が取り出せる様に改善。
  • 例えば「テキスト + 写真 + 位置情報」を組み合わせてスマホから簡単に日報作成が可能です。
  • 営業活動では、顧客、案件、契約内容を移動中の隙間時間で簡単にスマホでチェック可能。
  • 気象庁からの災害発令に合わせて、ボットから全員に安否と現在地を確認させることが可能に。
働き方改革
正式名称:direct Smart Working Solution
『direct Smart Working Solution』は、残業時間の見える化と共に、働き方改革の実現に必要不可欠な「定時に帰る文化を創る」ソリューションです。
よくある“残業抑制”ではなく、超過労働の実態を把握して、何故こんなに忙しいのか、人的リソースの配分に改善は図れないか?など効率化を図るために設計されています。
このため従業員が主体となり、時間に対する意識改革をして帰れる環境づくりを支援します。
ココがスゴイ!
  • ビジネスチャット『direct』と連携することで、スマートデバイスからも活用できます。例えば外出先などでPCから離れているときでも、スマートフォンから残業申請、承認等の管理が可能です。
  • リモートワーク・テレワークにも利用可能で、社内ネットワーク外のPCも管理できるため、ワークスタイルを問わず柔軟に対応できます。
  • 一方的に残業を禁止するものではないため、繁忙期等、必要な業務延長があらかじめ予測していれば、その理由と業務延長時間を事前に申請することで、「誰がどんな理由でどのくらい業務延長しているか」を可視化出来ます。 また、PC稼働延長の理由を一覧表示させたり、CSVデータとしてエクスポートが可能です。